活動報告: 2017-02-16

スポンサーリンク

2017-02-16の活動報告です。

2066.4 ポイントゲット!
18266 歩ほど歩きました。
3049カロリー消費しました。
797カロリーを日常の活動や運動で燃焼させました。
7.6 miles 移動しました。

  • 一日を振り返っての一言

    歩け歩け、misfit が数えてくれるぞ!

    歩け歩け、misfit が数えてくれるぞ!

    泳ぐより、歩いたり走ったりした方が同じ時間で距離を稼ぐならばいい、と思わず安易に考えてしまいますが、有酸素運動という側面で考えた時に歩くのはどれくらい歩かないと効果が出ないか、ちょっと考えてみました。

    歩くだけで脂肪を燃やす、その努力はどれくらい?

    世の中でよく言われるのは、最低20分以上継続して歩き続けないと脂肪
    が燃えない、といいます。20分ということは1km かそれ以上ですね。まぁ、いい距離ですよね。でもその20分を確保するのって、案外出来ないことがありますよね。単純に歩いて帰る、それだけでもいいはずなのですが、いざ歩くんだ!と構えてしまうので。。。

    続ける必要、本当にあるの?

    どうやら、続ける必要はない、という説が世の中では大勢のようです。こまめに歩いて一日1時間歩くことでそれを一か月続けた結果1kg 減った、という主張をする人もいらっしゃいます(他のファクターが大きそうな気がしつつも)。

    むしろ大事なのは距離ではなく歩き方では?

    はい、ただだらっと一時間歩くのは意味なしです。筋肉を動かしているようで動かしてませんから。歩くだけで筋肉痛になるくらいの歩き方を目指す方が一時間の使い方としては有意義だとおもいませんか?そんな筋肉痛になる歩き方、とは。。。

    • 姿勢は正しく:顎を出して背中を丸めて歩いてませんか?それが楽な姿勢に思えますが、頭の位置が体の外に逃げてしまうことから無駄に首から背筋が引っ張られるだけで肩こりや腰痛の原因でしかないのです。実際に、少し顎を引いて胸を少し開くくらいに背中をぐっと前に出すようにして見ると、頭蓋骨の重さを肩甲骨の下あたりの背中で感じられます。この重さが体の前に来ていると思うと。。。猫背はアウトですよね。むしろ頭を天井から引っ張ってもらっているような感覚がベストと言われています。また、おへそのちょっとした、丹田に力を入れるのも忘れずに。
    • 大股で:小股で歩数を稼ぐ、という説もありますが、大股の方がバランスが崩れやすい分インナーマッスルで支えようとしますから、より多くの筋肉を使ってあるくことになり、結果としてより多くの脂肪を燃焼させることに繋がるのです。大股、と言った時に腰を前に出すようにすると腰の回転も加えられてなおgood!
    • 速足で:ゆっくりよりも当然にカロリー消費は高いです。でも高尿酸血症にとっては無酸素運動になるのは本末転倒ですので、スピードは最初ゆっくり、徐々にあげていきましょう。でも息が上がらない程度にね。

    と言われれいます。歩き方、まず意識してみませんか?

  • スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする