活動報告: 2017-02-07

スポンサーリンク

2017-02-07の活動報告です。

1242.4 ポイントゲット!
11124 歩ほど歩きました。
2665カロリー消費しました。
479カロリーを日常の活動や運動で燃焼させました。
4.4 miles 移動しました。

ダイエットはおなか回りを減らすため、だけではなく

ダイエットはおなか回りを減らすため、だけではなく

一日を振り返っての一言

泳いだ日の翌日と言うこともあって体重はあまりぶれずにいてくれました。この一日も比較的オフィスの中にいるものの、タイマーに従って40分ごとに歩き回り尿酸を体外に出す、というルーティンが出来てたのかな、という気もします。

コーヒーと高尿酸血症

オフィスで働くと、ついぞ飲むのがコーヒー。過日のNHKのテレビで牛乳が高尿酸血症によい、ということが取り上げられてお陰でそれ以来毎朝低脂肪乳を250ml飲む習慣が出来つつあるのですが、コンビニでも低脂肪乳を250ml程度の手軽なサイズでは売っていないもの。となると、コーヒーに何かの効用を期待したくなるのですが。。。

コーヒーの効果とは

コーヒーはそのカフェインで知られるところですが、その効果として利尿作用と交感神経の刺激、と言う点が挙げられます。利尿作用は当然高尿酸血症にメリットがありますが、交感神経が刺激されると新陳代謝が活発になるので尿酸が増える、というデメリットがあります。

コーヒーを使った対高尿酸血症のアクションとは

となると、利尿作用を促してもらうことで体外への尿酸の排泄を増やす、ということになるのでしょうね。仮に多く作られたとしても出していく、ということをすることで下げるわけですから。

実際のところ、成人は平均的に0.8-1.2リットルの排尿をすると言われていて、高尿酸血症の場合には一日2リットルの水分補給で更なる排尿をするようにと言われますが普通は出来ないし結果的にむくんでしまいますよね。そこで、コーヒーを飲むことで利尿作用を促すことで通常より多く摂取する水分を排尿できるようにしよう、というのが方針になるのでしょう。

といってコーヒーを2リットル飲むのも大変ですので、水で2リットルをまず心掛けつつ、仕事中の一息入れる為のコーヒー、というのが自然かもしれません。

ということで、私もペットボトルのお水でも買ってくるかな。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする